吊された男

吊された男のタロットカード

吊し人・吊られた男・死刑囚・刑死者とも呼ばれています。カード番号は「12」。

 

「英知・慎重・試練・直観」を意味するとされ、ヘブライ文字の神秘的解釈と関連付けた解釈では、ヘブライ文字メムを介しています。西洋占星術上では「海王星」と結び付けられ、生命の樹の研究ではゲブラーとホドのセフィラを結合する経に関連付けられ、それと同時に四大元素の「水」を象徴するとされています。

タロットカードの意味(吊された男)

吊された男のタロットカードに描かれている人物は、北欧神話の最高神・オーディンをモチーフにしていると言われています。これは、オーディンがルーン文字の解読方法を知る為に世界樹・ユグドラシルの枝から九日間にわたり首を吊り続けたが、縄が切れて一命を取り留めたという神話に基づくものです。また、イタリアの古いタロットカードの中には、この逆さ吊りの人物に金の入った袋を持たせ「反逆者」というタイトルをつけるものもあり、この場合は「ユダ」がモチーフになっています。

 

マルセイユ版では「恋人」のカードと同じ構図になっているといわれます。象徴的に樹木は母性を表すとされているため、この2枚ともが「2本の(2人の)樹木(女性)に挟まれた身動きの取れなくなっている男」を表しているというのです。また両側に伸びる樹木は枝を切りそろえられており、切り口は1本につき6つあり、合わせるとカード番号である「12」になります。

 

樹木の下には地面らしきものが見られ、吊られている男の頭部は谷のような場所で両側の地面より低い位置に描かれています。このような危機的状況にもかかわらず、男の表情は素直にこの状況を受け入れているかのように凛としたものであり、この男自身が望んでこの状況を招き入れたことを暗示しています。このことから、この絵に描かれているのは単純な辱めの為の刑罰ではなく通が儀礼的なものであるということが分かります。 男はこの通過儀礼をすることでさらに高みへと上ろうとしているのです。

 

 

正位置の意味 ・・・ 修行、忍耐、奉仕、妥協。

 

逆位置の意味 ・・・ 徒労、痩せ我慢、欲望に負ける。

おすすめWEBサイト 5選

2014/11/12 更新

free link

このページは、リンクフリーです。どのページでもご自由にリンクをお張りください。