塔のタロットカード

塔のタロットカードで、カード番号は「16」。

 

「悲嘆・災難・不名誉・転落」を意味するとされ、ヘブライ文字の神秘的解釈と関連付けた解釈では、ヘブライ文字ペーを介しています。西洋占星術上では「火星」と結び付けられ、生命の樹の研究ではネツァクとホドのセフィラを結合する経に関連付けられています。

 

なお、このカードは正位置・逆位置の両方でネガティブな意味を持っている唯一のカードです。

タロットカードの意味(塔)

バベルの塔を模した建造物が崩壊する様子が描かれており、マルセイユ版の「塔」には、炎のような物体が建物の屋根部分を吹き飛ばし、二人の人物が、一人は逆さまに、もう一人は上半身が建物から出ている様子が描かれています。

 

古代メソポタミアにおいて「塔」という建造物は、天と地をつなぎ、神々が地上に降り立つ道筋を提供する宗教的な目的で建設されていました。また「塔」軍事的な防衛・観察・牢獄・退却に使用する要塞として扱われ、現在でも政治・経済・教育・文化などの様々なプロパガンダとして存在しています。

 

しかし、このタロットカードに描かれた「塔」は周りに描かれた人間と対比すると分かりますが、とても小さい建物で、およそ天まで達し、神との交信をするような存在には見えません。また、人物の一人が建物から出てきているように見えることから、この建物は二人の人物の私有物であり彼らが作ったものとも考えられます。彼らは建物に王冠を模した屋根を取り付けていたと見られ、このことは、自分達の作り出したものを絶対無二の存在とし、他のいかなる存在も認めていなかったことを象徴しています。

 

そして「塔」では、まさに今、建物の王冠が稲妻によって取り払われています。稲妻は古来より「神から放出される聖なる力」の象徴として、「神の怒り」などと表現されていますが、この「塔」の稲妻は変わっており、一般的な「雷」のようにギザギザ状に描かれていません。

 

どちらかといえば炎のように丸みを帯びた書かれ方をしており、これは、「雷」でも「炎」でも無く「神から放出される聖なる力」そのものを表しているとする説もあります。どちらにせよこの構図が表しているのは、二人の人物が、自らの作り出した強固な自意識の殻に閉じこもっていた状態から、何らかの外的要因によって開放された状態へと移り行く様子なのです。

 

 

正位置の意味 ・・・ 崩壊、災害、悲劇。

 

逆位置の意味 ・・・ 緊迫、突然のアクシデント、誤解。

Valuable information

最終更新日:2015/1/29

free link

このページは、リンクフリーです。どのページでもご自由にリンクをお張りください。