節制

節制のタロットカード

節制のタロットカードで、カード番号は「14」。

 

「調整・中庸・倹約・管理」を意味するとされ、ヘブライ文字の神秘的解釈と関連付けた解釈では、ヘブライ文字サメフを介しています。西洋占星術上では「人馬宮」と結び付けられ、生命の樹の研究ではティファレトとイェソドのセフィラを結合する経に関連付けられています。

タロットカードの意味(節制)

羽の生えた人物が杯から杯へ水を移し替えている様子が描かれています。この人物のモチーフは大天使ミカエルであるとされており、規律と節度、慈愛と献身を表しています。

 

また、タロットカードの研究では、22枚の大アルカナが錬金術における不老不死の霊薬、エリクシールの製造過程を寓画に起こしたものとする説があるのですが、この「節制」に描かれる水を移し変える作業はまさに錬金術の基本である調合の作業です。

 

マルセイユ版に描かれる「節制」には、青い髪の額部分に赤い花をつけた羽の生えた人物が、青い壺から赤い壺へ白い液体を注いでいる姿が描かれています。この対極にある2つの壺の中身は、男性と女性、陰と陽、火と水、霊と肉、意識と無意識といった相反する要素を示していおり、それらが混ざり合う液体は白色であり純粋な本質の象徴のため『相反する要素の結合に至る様子』を表しているとされています。

 

中央に描かれた有翼の人物は、この相反するもの同士を結びつける「仲介者」としての役割を持っており、衣服や頭部の色は、赤と青のどちらにも偏ることなく公平な立場にいることを示しています。また、羽をもった姿は人智を超えた存在、つまり天使であり、世俗的な些細なことがらを超越した存在ということを示しています。また額の花は、五弁の花びらの円形であり第五元質を象徴しているというのが有力な説です。

 

 

正位置の意味 ・・・ 調和、自制、節度、献身。

 

逆位置の意味 ・・・ 浪費、消耗、生活の乱れ。

free link

このページは、リンクフリーです。どのページでもご自由にリンクをお張りください。