月のタロットカード

月のタロットカードで、カード番号は「18」。

 

「隠れた敵・幻想・欺瞞・失敗」を意味するとされ、ヘブライ文字の神秘的解釈と関連付けた解釈では、ヘブライ文字コフを介しています。西洋占星術上では「双魚宮」と結び付けられ、生命の樹の研究ではネツァクとマルクトのセフィラを結合する経に関連付けられています。

タロットカードの意味(月)

月のタロットカードには「月」の名前の示す通り月が大きく描かれています。象徴的に月は、夜を呼び、闇を呼び、陰であり、マイナスであると考えられていますが、夜は朝を呼び、闇は光を際立たせ、陰は陽でもあり、マイナスはプラスを呼び寄せるという側面もあります。

 

また、月は古来より「女性」や「女神」の象徴として扱われており、様々な絵画の中に女性と共に登場し、陽への対立物として解釈が行われてきました。描かれる月が人の顔を持っていることからも女性的なものを感じます。

 

とはいえ、タロットカードの月においてはあまりポジティブな意味合いはなく、マルセイユ版に描かれている雫の形が下向きではなく上向きであり、この「雫」はマナ等のような創造的エネルギーの象徴と解釈されていることから、大地に降り注ぐ下向きではなく、月がエネルギーを吸い上げているように上向きに描かれている。つまりこの「月」は肯定的な「母性・女神」よりも「悪妻・魔女」といった否定的な存在であると考えられるのです。

 

 

正位置の意味 ・・・ 不安定、幻惑、現実逃避、親友の裏切り。

 

逆位置の意味 ・・・ 軽微なミス、過去が蒸し返される、徐々に好転。

check

横浜 貸事務所
http://kanagawa-tenanto.com/

2014/11/12 更新

free link

このページは、リンクフリーです。どのページでもご自由にリンクをお張りください。