隠者

隠者のタロットカード

隠者のタロットカードで、カード番号は「9」。

 

「深慮・忠告を受ける・崩壊」を意味するとされ、ヘブライ文字の神秘的解釈と関連付けた解釈では、ヘブライ文字ヨッドを介しています。西洋占星術上では「処女宮」と結び付けられおり、生命の樹の研究ではケセドとティファレトのセフィラを結合する経に関連付けられています。

タロットカードの意味(隠者)

「愚者」が当ての無い放浪者を象徴するのに対して、このカードに描かれる老人は「元・放浪者」と解釈されます。この解釈は、老人の持つ杖と衣装が「愚者」と関係しているのではないかと連想させるためだと思われます。

 

カードの構図が象徴学的で内面・理性・過去を表す左側を特に強調していることや、並びに描かれる人物が一人であることなどから、自身の内面における過去との対話を示しており、さらには「復習」や「自習」など学問的分野、「反省」や「孤独」など心理的分野の両面からカードの解釈がなされるのが一般的となっています。

 

この老人は旅を終えた先輩として、未だ旅を続ける後輩の「放浪者」達に手に持っている灯りで「先人・賢人の導き」を与えているのです。

 

 

正位置の意味 ・・・ 経験則、高尚な助言、秘匿、単独行動。

 

逆位置の意味 ・・・ 閉鎖性、陰湿、邪推。

recommend

Last update:2014/11/12

free link

このページは、リンクフリーです。どのページでもご自由にリンクをお張りください。