タロット占いの歴史

タロットカードの名前の由来

タロットカードはフランス語・英語ではtarotと表記しており、フランス語・英語では語尾の t を発音せず「タロー」の様に発音します。この単語が日本では、一般的に語尾の t を発音し「タロット」となりました。

 

イタリア語では、tarocco(タロッコ)、ドイツ語: Tarock(タロック)と呼ばれています。タロットカードという言葉ができるまでは、ラテン語のtriumphus(凱旋)という単語が使われていました。このラテン語: triumphusは「切り札」という意味もあることから、「トランプ」の語源として考えられているのですが、tarotの語源については現存する資料・文献が少ないため謎のままとされています。

タロットカードの歴史

タロットカードの起源は、神秘主義者や占い師によって、エジプトが起源という説(クール・ド・ジェブラン)や、ユダヤ起源説、インド起源説など様々な説が挙げられていますがどれが本当なのかは分かっていません。

 

歴史をたどると、15世紀前半の北イタリアで製作されたのが始まりとする説が有力で、当時は、貴族や富豪の為に画家が描いた手描きのタロットカードが流行しており、占いではなく、ゲーム用に使用されていたといいます。この頃のタロットカードは、元来あった絵柄に、さらに追加をしてゲームを複雑にしていたと考えられており、まだ枚数や絵柄なども確定していませんでした。

 

現存する最も古いのタロットは、15世紀後半にミラノ公のフランチェスコ・スフォルツァが、画家に描かせた1484年の日付の入ったタロットカードで「ヴィスコンティ・スフォルツァ版」と呼ばれています。この「ヴィスコンティ・スフォルツァ版」には、「悪魔」と「塔」の凶札2枚が欠けており、最初から無かったのか、紛失によって欠損したのか、凶意を排除する為に意図的に廃棄されたのか、今でも研究家の間で意見が分かれています。

 

そして、16世紀頃から木版画の量産品が出回るようになり、庶民へ普及していき、メジャーなカードになっていきます。この頃はタロットゲームによるギャンブルが盛んに行われるなど、占いという用途よりもトランプのようなゲームに使う目的の方が強かったようです。

 

タロットカードが神秘的な雰囲気を持ち始めるのは、18世紀頃のことで、ようやく占いに使われ始めます。クール・ド・ジェブランがエジプト起源説を唱えるなどし、それを受けてエッティラが新解釈の「エッティラ版タロット」を創作するなど、「タロット=神秘的」というイメージはさらに強くなっていきました。このころ、ミラノ辺りでほぼ現在と同じ絵柄、枚数が確立し、当時タロットカードの一大生産地となったマルセイユにちなみ「マルセイユ版タロット」と呼ばれています。

Favorite

スマートフォン 買取
http://kaumobile.jp/

2014/11/12 更新

free link

このページは、リンクフリーです。どのページでもご自由にリンクをお張りください。