女教皇

女教皇のタロットカード

女司祭長とも呼ばれており、カード番号は「2」。

 

「秘密・神秘・英知」を意味するとされており、ヘブライ文字の神秘的解釈と関連付けた解釈では、ヘブライ文字ギーメルを介し、西洋占星術上では「月」と結び付けられ、生命の樹の研究ではケテルとティファレトのセフィラを結合する経に関連付けられています。

タロットカードの意味(女教皇)

絵に描かれている人物は女性であるにも関わらず教皇になった伝説上の人物「女教皇ヨハンナ」をモチーフにしているといわれています。現在でも、カトリック教会では女性が司祭以上の職に就くことを認めておらず、女教皇はカトリックの世界では現実には有り得ないものとして扱われます。このことから、「女教皇」は「反ローマ教皇」の象徴とされることもあります。

 

タロットカードの黒い柱にある「B」という文字は「ボアズ (Boaz)」と読み、闇を意味し、また、白い柱にある「J」は「ヤヒン (Jachin)」と読み、光を意味しています。これはエルサレム神殿にあったとされる同名の柱に由来するイメージです。

 

マルセイユ版に描かれる「女教皇」は同版の「教皇」と同じようなかぶり物を頭に乗せており、このことは女性が最も高い位の人物であることを表しています。また、頭にかぶっている物の内側に、頭全体を覆う白いベールがあることから、この女性が修道女あるいは尼といった聖職に就いていること、それと同時にこの女性が処女であることを表現しています。

 

 

正位置の意味 ・・・ 知性、平常心、洞察力、独身女性。

 

逆位置の意味 ・・・ 激情、無神経、我が儘、ヒステリー。

check

池袋 賃貸
http://livestar-realestate.com/

最終更新日:2014/11/12

free link

このページは、リンクフリーです。どのページでもご自由にリンクをお張りください。